ピラカンサの赤い実 大きく育つ

 秋口にはまだ小さかったピラカンサの実が、ふっくら大きく育っています。気温の低下とともに、ますます鮮やか(つややか)な赤に染まり、見る者の目を楽しませてくれます。

画像


 それと同時に、もう小鳥たちの食べ物になっているらしく、少しずつ実の数が減って来ています。小鳥たちにとっては救荒作物の意味合いが強いので、今から食べ始めると、2月過ぎの食糧が乏しくなる時期のことが心配されます。

画像


 とは言っても、彼らは食べ物を求めてどこへでも飛んで行くのでしょうから、余計なお世話かも知れません。

 この実を品種改良すれば、案外美味しいフルーツになるのかも知れません。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック