高畑 勲 展 東京国立近代美術館

 先週、都内竹橋にある東京国立近代美術館へ高畑勲展を見に行く機会がありました。

IMG_5058.jpg

 高畑勲はNHK朝ドラ「夏が来た」で登場人物の一人「坂場一久」(通称いっきゅうさん)として描かれており、主人公奥原なつ(広瀬すず)の夫となる人です。

 ドラマは事実を元に脚色しているので、事実そのものではないものの、物語の背景やドラマとのつながりを理解して楽しむ楽しみ方もあるので、家族に伴われて高畑勲の作品世界の一端を垣間見て来ました。

IMG_5031.jpg

IMG_5071.jpg

 世界の日本アニメブームに牽引されてか、来場者は国際色豊かで、外国人客がかなりの割合を占めており、イヤホンガイドを頼りに展示を楽しんでいる様子が見受けられました。

IMG_5046.jpg

IMG_5041.jpg

 セル画の美しさには目を見張るものがあり、技術的なことは門外漢ゆえ評価の仕様がありませんが、特に背景となった自然を描いた作品の素晴らしさには驚嘆を禁じ得ませんでした。プロの仕事とはこのようなものかと改めて納得させられました。

 子どもの頃、「アルプスの少女ハイジ」を見ていないので、資料を目にしても今一つ感動はありませんでしたが、アニメ制作の過程で書かれた企画書、絵コンテが展示されており、アニメファンにとっては歴史的価値を持つ貴重な資料なのだろうなと想像しながら、氏最後の作品となった「かぐや姫の物語」コーナーを映像とともに見ることで、日本が世界に誇るアニメーションの歩みを学んで来ました。

IMG_5055.jpg

 門を出てすぐのお堀は、菱などの水草が一面生い茂り、アオコも発生し、あまり良い環境ではなさそうでした。暑い一日でした。

IMG_5063.jpg

IMG_5067.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント