いよ柑タルト

 タルトといえば、松山(愛媛)の「一六タルト」(一六本舗)が有名です。まだ食べたことはありませんが、そういえば聞いたことがある、と記憶の彼方から単語が浮かび上がって来ます。当地、関東地方ではあまりお目に掛かる機会がありません。なぜこんな事を言うかといいますと、二三日前に近所のスーパーにちょっと買い物に出かけた折に、個包装になった一六タルトが置かれていたからです(「ひと切れ一六タルト「塩レモン」3個入」のようです)。

 以前、新居浜の永久堂の「紅まどんなタルト」と一緒に「いよ柑タルト」も送ってもらっていましたので、つい比べて見たくなるのですが、タルトについての知識もほとんどありません。見た目では「紅まどんなタルト」と「一六タルト」、「いよ柑タルト」はかなり違います。一方は焼き菓子、もう一方はロールケーキ風です。

IMG_8205.jpg

IMG_8206.jpg

 いただいた「いよ柑タルト」は手にずっしり重く、しっかりとした、やや透明な餡がふわふわのスポンジケーキのような生地にくるまれ、甘党の食指を誘います。すでに切り分けられており、封を切れば食べるだけになっています。切り分けた厚さは、もしかしたら最もおいしく見えるサイズなのかもしれません。視覚と味覚は連動しているようですから、お菓子を食べるときの日本人の味覚を刺激する厚さなのかもしれません(エビデンスは有るのか無いのか分かりません)。

IMG_8208.jpg

 結構なボリュームなので、一回に頂くのは一切れの四分の一に留めて、賞味期限一杯まで楽しむことにしています。甘すぎない餡に、伊予柑の甘みと果肉が香りと食味を引き立てます。四国と言えば最近はレモンの栽培も盛んなようです。一六タルトの塩レモンと伊予柑タルトは地元の豊かな食材を存分に生かした、愛媛ならではのスイーツなのだと思います。

IMG_8210.jpg

在宅ワークでボーっとなった頭を休めるのに有難い贈り物です。

IMG_8207.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

この記事へのコメント