コンデジのズーム比較

 庭に咲くシロツメクサの花の蜜を求めて、連日、日本蜜蜂が飛んで来ています。近寄ると、警戒してすぐに飛び去ります。画像に収めるにはどうしたものか考えてみました。先日はCANON IXY650のマクロ機能(接写)とズームを使って撮影してみたのですが、結構なかなか大変でした。

 そこで、昨日は良く晴れ、光線の具合もよかったので、SONY DSC-HX60V のズーム機能を使って撮影してみることにしました。

DSC00409.jpg

 DSC-HX60Vは30×Optical Zoom、3,5-6.3/4,3-129 という仕様です。コンパクトデジカメなので、絞りはどうしても暗い目になってしまいます。レンズはSony Lens Gが使われています。

DSC00392.jpg

 撮影した印象からは、ズームに強いカメラであることがIXY650との比較で分かりました。カメラと被写体の距離は2.5mほどです。明るい状況であれば、ハチのような素早く動く小動物でもぶれることがほとんどありません。倍率を大きくすると、画素が荒くなるのは致し方ありません。

DSC00407.jpg

DSC00403.jpg

 大きな倍率のズームにしてもシャープな画像が楽しめるのは、優れた画像技術の成せる技、という評価になります。屋外では威力を発揮することを改めて確認しました。

DSC00391.jpg

DSC00405.jpg

"コンデジのズーム比較" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント